2007年4月 5日 (木)

April 5th (春色)

いわゆるボツ曲なんてのも、この際アップしちゃおうかと思う。

ちょうど1年前に作った曲なんだけど。

完成すらしてないんだよねw

これに色々付け足したら、なんとか曲になるんじゃねーか、

とか思ってたまま、結局何も手をつけずに放っておいた曲。

つまりハーフコンプリート。

直感を大事にして仮録りした、まさにそれ。

あえてそのままアップします。

曲としては、今や「もういいや」って感じだけど、

当時の気持ちはそのまま冷凍保存されてあるからw

今思うと、よくこんな難しいオケで頑張ったなぁ、と。

声ちっちゃくて聴きづらいかもだけど、まぁなんとか聴けるだろ。

今日アップすることに意味のある1曲。どーぞ。


「April 5th (春色)」をダウンロード

(右クリック→“対象をファイルに保存”で保存できるよ!)




『April 5th (春色)』



17回目の誕生日 この胸の高鳴り

聞こえてっかよCan you feel me? 2回目の春休みに

1年ぶりだっけ?ちょうど なんだか不思議な再会モード

もうあきらめかけてたことが前フリもなくね あっさりこうも

やってくるから人生おもしれぇ もしかしたら恋なのかもしれねぇ

でもどっちだっていいぜ この際 偶然に投げられたこの賽

神様が出したGOサイン 祝うぜ Hey バースデイナイト

こんな俺でも何かできるなら 届けるぜ 金じゃない

半端じゃないぜ 気持ちなら

突然消えた店の明かりが サプライズで気を引いた

笑った君 like a Venus 喜んでくれたならいいな


※君がいるならば もう他に何もいらないよ

 これが恋じゃなくたっていいさ

 2人再び出会えた奇跡にただ感謝を


例えばそう世界が ひとつの物語ならば

会うことなどなかった俺たち 何がどう狂ったかFallin' Love

偶然声かけたねあの時 またBack Againした時はCallin'

Destiny Destiny 応答せよ 俺のDestiny

車で迎えに行ったぜ駅まで “待つ間もデート”って素敵だね

取りたての免許AT限定 なんたって恋はオートマチック

Hey Baby 乗りな助手席 死ぬときだって2人だぜ 冗談さ

PM 8:00 こっからだね ちょいと早いバースデイ

ドッキリ的な企画で ちょっくらと驚かすぜ Yo

Happy Happy Birthday Dear My Friend

見返りとか求める気はないぜ

Happy Happy Birthday Dear My Friend

どれほど思っただろう 「会いてぇ」って


※Repeat

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

ボーリング!

久々に曲アップです!

しかも新曲!ホヤホヤ!

ついこないだF.D.T.D.と2人で書いた曲です~♪

その名も『ボーリング!』

Jim Jones 『We Fly High (Ballin')』のパロディどぇすw

俺は倉敷、F.D.T.D.は児島のことを歌ってるね。

3バース目サボったから結構短い曲になっちゃいました!ごめん!

でも聴いて!


「ボーリング」をダウンロード

(右クリック→“対象をファイルに保存”で保存できるよ!)




『ボーリング』



(hook)

指を穴に入れろ 後ろから見てるよ

指を穴に入れて 後ろから見ててね


(3110)

天城街道 Ride On あてもなく毎夜 地元倉敷ならならんぜ迷子

暇ならばドンキで買いもん またはシダックスで握るマイクを

メシ食うなら晩菜 ももももんじゃ太陽の時代

ジモティならばチボリとか美観地区には行かんし

むしろHustlin' もしくはBallin' (Ballin') 笹沖通りを転がすRollin'

とりあえず集合アミパラ じゃないとエブリナイト始まらん


(hook)


(FROM DUSK TILL DAWN)

ここが児島 何もねぇのがご自慢 店が閉まるんは基本5時半

おじさんおばさんから893まで集まるハイランドボーリング

じゃってここしか行き場がねぇ でもここで使ったら生きた金

下手くそな奴等も行きたかねぇとか言わずに一緒に行きたがれ

1階ゲーセンにたまるヤンキー 視線そらして上がる2階に

受付済ましたらゲーム開始 タマ転がし解禁


(hook)

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ネガティブハッピー・ヒップホップブルース

久々に曲アップします!

確かこれは去年の春ぐらいに作りました。

滝本竜彦さんの『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』っていう小説にひどく感銘を受けて、読んだあと一気に書き上げました。

タイトルも『ネガティブハッピー・ヒップホップブルース』でw


「がんばらなくてもいいよ」っていう応援歌です。

ストレス社会にぴったりの応援歌かとw

俺がやりたいヒップホップっていうのはまさにこういうのです。

歌詞の内容まで是非じっくり聴いてほしい1曲。


ちなみにインストはNasの『Got Yourself A Gun』使ってます。


「ネガティブハッピー・ヒップホップブルース」をダウンロード

(右クリック→“対象をファイルに保存”で保存できるよ!)




『ネガティブハッピー・ヒップホップブルース』



もしヒップホップ界にネガティブキャンペーンがあるなら それはつまんねぇ

Smile or Cry なら断然 Welcome, Tomorrow!Goodbye, Bad days!

しかめっ面した分シワが増える 笑った分だけ幸せが増える

まぶしくたって視線は上 あんなに青い空があるぜ?

ごまかして行こうや 俺も一緒 ホントのとこはみんなきっと

先行くヤツらに感じる嫉妬 Don't be afraid...  Take it easy, paece yo!

大丈夫だって思える歌 全部脱ぎ捨てられる空間

青春時代に戻れる瞬間 俺のヒップホップはそうゆうスタイル


※がんばらなくなっていい お前が生きてるならばいい

 誰かの前で笑ってるならいい いいことだってあるぜたまに


テーマは永遠の17歳 老け込むようなセリフはつまらない

世知辛い世の中だけど恨まないぜ 笑っててぇもん Who Got the MIC Next?

俺が歌うことに意味があるなら きっと勘ぐりすぎ

いいじゃん 楽しいことが好き だからStand by me!

思い出 それはひどく儚い だけどもこうしてできた仲間と

Jump Around! Still Now! Wa!Wa!

きっと一生もんだから!Yo!

ヘコんだとき思い出してみ 地元 ごっつ心強いホーミー

1足す1なら2 今から電話してもいい?


※Repeat


そりゃずっと続くもんなんてない 永遠なんて妄想抱いてない

でももしそれが……なんてな もしこの歌がひとつの安定剤

みてーになりゃそりゃ本望 なんとなくでいいから今日を

少々現実から逃亡してたっていいさ Live in a small world

踊らされるよりかは随分マシだ 情報化でより歪んだ価値観

何が正しくて何マチガイ? 全部自分で決める立場

心配せんでもええ 俺がいる 例えばそう 俺がいる

例えば今日電話する ネガティブハッピー・ヒップホップブルース!


※Repeat


生きてくこと それはツラい だけども誰もが死にたくない

超泣きたい けど泣けない わかってるよ俺は 




ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ Book ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

著者:滝本 竜彦
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

クラスメイト

一発目にアップする曲はコレにします。

タイトルは『クラスメイト』。

確か2004年の11月ぐらいに書いた曲です。

最近また録り直したんで、聴いてみてください。

Warren G 『This DJ』 のインストを使ってます。


「クラスメイト」をダウンロード

(右クリック→“対象をファイルに保存”で保存できるよ!)



 『クラスメイト』


 二人でふざけてたあの頃 今となってはできない後戻りも

 一人で通り 歩道に寄り 歩いてるとあの頃のように

 別れを告げたあの夜も置き去りにしたまま日は昇る

 小鳥は踊る 元には戻るはずのない関係 I wanna back again

 自分で言っといて何だよ 俺は相当ダメな半端者

 これまでの日々 これからの日々 わずかばかりのヒビのでかい意味

 だって今日から二人はクラスメイト ちょっとわけありのクラスメイト

 言葉交わすことのないクラスメイト 元には戻るはずねぇ


 Please back again... Come with me ...

 Play back... Remember beautiful days...


 別れてしばらくしてから 新しい男とかできたから

 二人余計に気まずくなっちまう 泥沼にはまっちまう

 とある日 とある高校の下校時間 寄り添うように歩くおめぇを見た

 今はあいつの腕ん中…… って何考えてんだか

 別れると良いとこばっか思い出すとは言ってみたもんだな

 いねぇよ おめぇ以上の女は 二人の写真眠る本棚

 だけど今では単なるクラスメイト しかも今年で終わりのクラスメイト

 何もなかったような面して 今日も暮らしてる できることなら……


 Please back again... Come with me ...

 Play back... Remember beautiful days...

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ラジオ | 記事 | 音源